医療用スクラブで人気の北欧カラーは?コーディネート法も大公開!

スクラブ1

インテリアで人気の北欧カラーは、スクラブなどの医療用のユニフォームにも広く取り入れられています。病院などで使用するスクラブでは、「汚れが目立ちにくい」や「インナーが透けない」といった特徴を持つカラーに人気が集まる傾向があるようです。

今回は、スクラブでとくに人気がある北欧カラーをまとめてみました。スクラブのコーディネート法も、簡単に紹介しましょう。

マタニティ用の医療スクラブを選ぶ時のポイント!

人気の北欧カラー1「ブルー」

スクラブ6

ブルーは、北欧カラーのスクラブでもコンスタントに人気があるカラーです。ブルーは、クリニックなどの病院のユニフォームでもホワイトに次いで多いカラーのひとつですよね。

実際、清潔感や爽やかな雰囲気があるブルー系のカラーは、医療スタッフのユニフォームにもしばしば採用されています。北欧カラーのブルーは、一般的なブルーよりもややグレーがかった色をしていることが多いです。落ち着いた雰囲気があり、見た人に安心感を与える穏やかな色調になっています。

このようなブルーは、汚れが余り目立たないところも魅力です。日本人の肌の色にもなじみやすく、インナーが上から見えてしまう心配も少ないです。男性、女性を問わず身に付けやすい点も、北欧カラーのブルーが人気を得る一因と言えます。

同じ北欧カラーのブルーでも、色の濃淡によっていろいろなバリエーションがあります。淡いライトブルーからネイビーに近い濃い目のブルーまでそろっているため、シーンに合わせて最適なカラーが選べるでしょう。


人気の北欧カラー2「ピンク」

北欧カラーでは、ピンクも人気です。優しさを感じさせるピンクは、女性だけでなく子どもや高齢者などにも安心感を与える人気カラーです。クリニックでも、ピンクのユニフォームで仕事をする医療スタッフの姿が多く見られるようになっています。

北欧カラーのピンクの特徴は、少し大人っぽい雰囲気があることです。このピンクはややグレーがかった色調をしており、見た人に洗練された印象を与えることができます。

インナーが透けにくく、汚れが目立ちにくいため、実用性にも優れているのが良い点です。

表情を優しく見せてくれるところも、北欧カラーのピンクのメリットです。シンプルなデザインのスクラブは、見た人にクールで冷たい印象を与えてしまうことがあります。北欧カラーのピンクを取り入れれば、顔色が明るく見えて、ソフトなイメージを演出できる可能性があるでしょう。

スタッフがこのようなカラーのユニフォームを着ていると、クリニックの雰囲気も変わるかもしれません。

人気の北欧カラー3「ライトグリーン」

ライトグリーンも、スクラブで人気の北欧カラーです。安定感のあるグリーン系のカラーは、クリニックなどでも広く評価されています。グリーンには、気持ちをリラックスさせたり、疲れを癒したりする作用があると言われていますよね。

緊張や不安を和らげる効果が期待できるこのカラーは、医療スタッフのユニフォームに取り入れるといろいろなメリットがあります。実際、色調はさまざまですが、グリーンのユニフォームを採用している医療機関も少なくありません。

北欧カラーのライトグリーンは、森や植物を彷彿させるフレッシュな雰囲気があるのが特徴です。このカラーは、男性はもちろん、女性が身に付けても違和感がなく、爽やかな雰囲気を演出することができます。色調が明るく、活動的な印象を与えられるところも北欧カラーのライトグリーンの魅力と言えるでしょう。

ちなみに、ほかの人気カラーと同様に、ライトグリーンも汚れが目立ちにくく透けにくい色をしています。

人気の北欧カラー4「オレンジ」

北欧カラーのスクラブでは、オレンジも好評を得ています。北欧カラーのオレンジは、一般的なオレンジとは色調や雰囲気が少し異なります。このカラーは通常のオレンジよりもダークな色調をしており、ブラウンに近い落ち着いた色味になっていることが多いです。

クリニックなどの医療現場でも悪目立ちすることがなく、安定感や安心感を与える雰囲気があるのが魅力です。濃い目のカラーである北欧カラーのオレンジは、汚れが目立たないのはもちろん、インナーが透けてしまう心配もほとんどありません。

実用的でありながら、ナチュラルで洗練された雰囲気があるところは、北欧カラーならではと言えます。どことなく上品な印象を与えられるところも、チェックしておきたいメリットです。温かみを感じさせるため、病院の無機質な雰囲気を和らげたいときにも効果的なカラーになるかもしれません。

北欧カラーのスクラブのコーディネート法

スクラブ8

北欧カラーのスクラブは、ボトムであるパンツとコーディネートをすることでいろいろな雰囲気が演出できます。スクラブを身に付けるときには、同じ色のパンツを着用する人が多いかもしれませんね。このようなコーディネートは、全身のスタイルが良くみえたり、身長が高く見えたりするのがメリットです。

ただ、職場の規定などでとくに決まっていないときには、上下を別々の色にしてコーディネートを楽しんでみるのもひとつの方法です。北欧カラーのスクラブの場合、さまざまな組み合わせが楽しめます。たとえば、ブルーやピンクのスクラブにグレーのパンツを合わせるコーディネートなどは、比較的トライしやすいです。

ターコイズブルーなどの鮮やかな北欧カラーを取り入れるときにも、グレーのパンツを選べば爽やかなコーディネートが完成します。ピンクのスクラブにボルドーのパンツ、オレンジのスクラブにベージュのパンツを合わせれば、おしゃれで洗練されたユニフォームになるでしょう。

シューズの色とのバランスも考えると、楽しく仕事ができるかもしれませんね。カラフルなユニフォームを身に付けることは、職場の雰囲気を明るくする効果が期待できます。一般的な病院と異なる楽しい雰囲気が感じられれば、訪れる人も心が和む可能性があります。

その日の気分やスケジュールに合わせてコーディネートを変えたり、職種ごとにコーディネートを統一したりすることもできるでしょう。


個性的な北欧カラーのスクラブにはいろいろな魅力がある

一色一色が個性的な北欧カラーのスクラブには、さまざまなメリットがあります。

このようなカラーのスクラブは通信販売でも手に入るようになっており、豊富なカラーから色を選ぶことが可能です。身に付けるシーンや自分がなりたいイメージに合わせて、お気に入りのカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

北欧カラーならではのコーディネートも楽しんでみましょう。